おやすみが私をよんでいる気がする

そこらへんを歩く女子大学生

まともな人間ってレアなのではないか

人を裏切らない/〇〇ハラスメントしない/といった良き意味でまともな感性を持つ人は、私の想像以上に圧倒的少数でないのか。

という仮説を得ました。

中高が素敵な人間しかいない少人数カトリックの学校で、まともな人間に囲まれてきたために認識に誤差があったようです。

アカデミック世界、実力主義であることは心地よいと思っているが、その歪みは如何程に許容されるものなのか。(それはまあよい)(まだこれから知ること)


問題は虎の威を借る狐のような先輩でした。

同年の女子がハラスメント受けてとあるコミュニティーからドロップアウトしたようだった。
とても悲しいです。こころから彼女の幸福をいのります。

多分私が気に入らないのは、
そこまで強くないくせに高すぎるプライドを持ち、それを脅かす他者に対して攻撃すること・認めることを強要すること。それは自信のなさの表返しなのですね。

なので、私が文句を言うには圧倒的実力でぶん殴るしかないのです。

あのコミュニティーは価値観が歪んでいるのであくまで自分を持たねば’やっていけないかんはございます。


比較的険しい家庭で生まれ育ったので、そこらへんは心得ております。


今日はとても暑い日でした。
半年ぶりにバトミントンをしました。とてもよい時間でした。

夜中に上記の本を読みました。とても考えが近いと思いました。恋愛パートはよく理解できなかったので30秒でざっとよみました。